新型コロナウイルス対策に関して(最新版)

9月になり、お客様も増えてきておりますが、今回は改めて当宿の新型コロナウイルス対策のお話をしようと思います。

まず入口のスリッパは、全てアルコール消毒済みです。

そして、チェックイン時には、キャリーバッグのお客様に関しては、カバーを付けて頂きます。

それからチェックイン時のご記入をお願いするときには、全てのお客様にアルコール消毒をお願いします。

チェックイン時のご説明を済ませると、今現在は、新型コロナウイルス対策として、私たちが2階客室までお荷物を運ぶことはありません。

また客室の当宿のインフォメーション(ご案内)には、「新北海道スタイル」として安心安全な旅をご提供するための当宿の方針を記載しております。

そのほか施設内では、洗面所に関して、アルコールの消毒やハンドソープなどを設置しております。

トイレには、除菌シート

お風呂は、新型コロナウイルス前からですが、1組ごとの清掃を行っており、脱衣所にはアルコールの除菌シートを設置しております。

また当宿にご宿泊のお客様について、霧多布温泉ゆうゆへ行くお客様が多いのですが、その時にタオルとバスタオルを貸し出ししております。今まではタオル類はそのままお渡ししておりましたが、現在は1人1組ずつ袋に入れてお渡ししてます。

その他、施設内の共有スペースでは、お茶などを自由にご利用可能なドリンクコーナーがありますが、今まではスプーンを普通にご用意しておりましたが、それも個別に包装されたスティック状の物をご用意しております。

そして、お食事の時もマスクを入れる袋のご用意をしており、マスクに関しては、他のお客様もおりますので、共有スペースでのマスクの着用をお願いしております。

また、箸やスプーンなどを入れる容器も洗える物に変更しました。

細かいことですが、その1つ1つの積み重ねが安心安全な旅のお手伝いをする方法だと思っております。理解をして頂けないことも、不快に思うお客様もおり、私たちもお願いをする場面が多くなり大変心苦しく感じておりますが、手を抜かず続けていこうと思っております。

最後になりますが、当宿の対応について、ご理解を頂けない、または不快に思う事が予想されるお客様は、当宿には予約をしないでください。

よろしくお願い致します。

 

6月1日に更新した当宿ホームページ記載の内容も合わせて、ご確認下さい。

新型コロナウイルスに対する当宿の営業について | 宿房 樺のん

 

コメント

  1. 坂田芳治 より:

    細かいところまでコロナ感染防止対策を講じておられることに安心しました。ご指摘の通り、感染防止はできる範囲の対策の積み重ねでしょう。いまだにわからないことが多い新型コロナ。手洗い、マスク着用、手指などの消毒など無理しないでできることを日常として生活することが大切だろうと感じています。
    これからも安心して宿泊できる宿として頑張ってください。